公益財団法人群馬県建築技術センター
公益財団法人群馬県建築技術センター
ホーム > ぐんまの土木遺産

ぐんまの土木遺産

選奨土木遺産とは

 その工学的機能と社会に果たしてきた役割、建造にあたった技術者の尽力・先見性・使命感などの点から、 貴重な歴史的土木構造物を選奨土木遺産として顕彰することにより、以下を促し、その重要性を広く社会に啓 発し、その保存に資することを目的として、認定された施設であり、この認定制度は平成12年度に創設されて いる。

  1. 社会へのアピール
     (土木遺産の文化的価値の評価、社会への理解等)
  2. 土木技術者へのアピール
     (先輩技術者の仕事への敬意、将来の文化財創出への認識と責任の自覚等の喚起)
  3. まちづくりへの活用
     (土木遺産は、地域の自然や歴史・文化を中心とした地域資産の核となるものであるとの認識の喚起)

 なお、認定に際しては、土木学会本部及び各支部に選奨土木遺産選考委員会が設置され、支部選考の施設を、本部にて審査のうえ認定しており、令和3年度は25件の施設が認定され、現在、全国で473施設(群馬県内に13施設)となっている。

群馬県にある土木学会選奨の土木施設

●⑬
●⑫
●⑪
●➉
●➈
●➇
●➆
●➅
●➄
●➃
●➂
●➁
●➀
➀丸沼ダム
➁榛名山麓砂防堰堤群
➂吾嬬橋
➃只川橋
➄前橋地先の利根川の護岸と水制工
➅柳瀬橋
➆敷島浄水場配水塔
➇旧上野鉄道鬼ヶ沢橋梁
➈わたらせ渓谷鐵道関連施設群
➉JR上越線清水トンネル関連施設群
⑪上毛電気鉄道関連施設群
⑫土合砂防堰堤
⑬鷺石橋

スマホ版

 

 

ページの先頭へ移動