公益財団法人群馬県建築技術センター
公益財団法人群馬県建築技術センター
ホーム > ぐんまの土木遺産 > 前橋地先の利根川の護岸と水制工(まえばしちさきのとねがわのごがんとすいせいこう)

前橋地先の利根川の護岸と水制工(まえばしちさきのとねがわのごがんとすいせいこう)

◆所在地 前橋市岩神町一丁目
       ~ 大手町三丁目(中央大橋上下流)
◆河線名 利根川
◆年 代 昭和24年(1949)
◆形式等
 ①利根川の護岸工
   野面石・雑割石による石堤
   石積延長693m  堤高1~4m  天端幅員4~6m
    ②鉄線蛇篭護岸
   鉄線蛇篭護岸工
   延長218m 法長12m 篭直径0.9m 
 ③小型ケーソン基礎護岸
   小判型
   護岸延長334m ケーソン基礎15基 径 3.4m(短径)~4.5m(長径)ケーソンの長さ8m~12m 
 ④岩神水制工(手束式水制工)
   木工床水制コンクリートブロック
   一連 30m×15m (50格間)
 ⑤前橋公園下レール式大聖牛
   5基 
 ⑥レール式杭出し水制工
   延長200m 
◆設計者 群馬県
◆施工者 阿部建設(株)
◆認定理由 前橋地先の利根川に現存する石堤、蛇篭、ケーソン基礎護岸と水制工は、特徴ある工法で洪水
      から河岸を守る貴重な土木遺産である。

所在地

ページの先頭へ移動