公益財団法人群馬県建築技術センター
公益財団法人群馬県建築技術センター
ホーム > ぐんまの土木遺産 > 土合砂防堰堤(どあいさぼうえんてい)

土合砂防堰堤(どあいさぼうえんてい)

◆所在地 利根郡水上町大字湯桧曽
◆河川名 湯桧曽川
◆年代     昭和15~16年(1940~41)
◆形式等 定半径アーチ式石積堰堤
     表面雑割練石積
     中埋玉石コンクリート(配合5:5)
     堤長112m 堤高11m 容積1,669.27m3
◆設計者 群馬県(長谷川四郎・河野 操)
◆施工者 群馬県
◆認定理由 湯桧曽川に建設された群馬県初のアーチ
      式堰堤で、砂防を目的として谷川岳と一
      体となって景観を形成する貴重な土木遺産である。

所在地

 

ページの先頭へ移動