公益財団法人群馬県建築技術センター
公益財団法人群馬県建築技術センター
ホーム > ぐんまの土木遺産 > 旧上野鉄道鬼ヶ沢橋梁( きゅうこうずけてつどうおにがさわきょうりょう)

ぐんまの土木遺産

旧上野鉄道鬼ヶ沢橋梁( きゅうこうずけてつどうおにがさわきょうりょう)

◆所在地 群馬県富岡市~下仁田町(富岡市と下仁田町の行政界)
◆年 代 明治30年(1897)
◆形式等 2主桁プレートガーダー橋 橋長 L=10.0m W=1.0m
     煉瓦積・切石積橋台 2基
◆設計者・施工者 不明(施工請負:東京築地月嶋鉄工所と推測)
◆管理者 上信電鉄(株)
◆特記事項 富岡市指定重要文化財 下仁田町指定重要文化財
◆認定理由 旧上野鉄道鬼ヶ沢橋梁は、絹産業の発展に、大きく貢献し
      た富岡製糸場等の産業活動を、輸送面で支えた旧上野鉄道
      の開業時に、富岡市と下仁田町の行政界を流れる大谷川(
      通称:鬼ヶ沢)に架けられた。橋台は、地元産の椚(くぬぎ)
      石を加工した隅石を配した煉瓦積みで、造形的にも美しく、
      明治時代の軽便鉄道の遺構として、本格的な造りの貴重なも
      のであり、明治30年当時の橋梁の現存例として、希少な土木
      遺産である。また、上下端を切り欠き、主桁フランジあるい
      はアングルに固定しない構造となっていて、この形状は当時
      の官設鉄道の標準設計には登場しない形状であり、大きな特
      徴でもある。当時はフィート・ポンド制時代であり、この時
      代にメートル単位で製作された大変珍しいものである。

【特徴】
 プレートガーダー橋とは、
 鋼板や形鋼を組み合わせ
 て板(プレート)状にし、
 これを断面がⅠ字形にな
 るように組み立てた桁
(ガーダー)からなる鉄橋。

所在地

ページの先頭へ移動