公益財団法人群馬県建築技術センター
公益財団法人群馬県建築技術センター
ホーム > ぐんまの土木遺産 > 敷島浄水場配水塔(しきしまじょうすいじょうはいすいとう)

敷島浄水場配水塔(しきしまじょうすいじょうはいすいとう)

◆所在地 前橋市敷島町
◆年 代 昭和4年(1929)
◆形式等 鋼製配水塔
     堤高 37.4m 容量 892 m3
◆設計者 金井 彦三郎(工学博士)
◆管理者 群馬県前橋市水道局
◆特記事項 国登録有形文化財(建造物)
◆認定理由 敷島浄水場の旧鋼製配水塔(水道タンク)は、
      高さが37.4m、容量が892 m3もある大規模な
      施設で、この配水塔は県都前橋の憩いの場で
      もある敷島公園のシンボルとして広く県民に
      親しまれているとともに、前橋の水道の歴史を語る土木遺産でもある。なお、当該施設は近代
      水道百選(昭和60年)、また平成8年には旧敷島浄水場事務所とともに文化庁の登録文化財とし
      て登録されている。

所在地

ページの先頭へ移動