公益財団法人群馬県建築技術センター
公益財団法人群馬県建築技術センター
ホーム > ぐんまの土木遺産 > 榛名山麓砂防堰堤群(はるなさんろくさぼうえんていぐん)

ぐんまの土木遺産

榛名山麓砂防堰堤群(はるなさんろくさぼうえんていぐん)

◆所在地 渋川市/榛東村/吉岡町/高崎市
◆河川名 八幡川
◆年 代 明治15~35年(1882~1902)
◆形式等 重力式巨石積砂防堰堤
     (高さ) 2.73m~5.82m
     (長さ) 6.92m~21.84m

◆設計者 ヨハネス・デ・レーケ(JohannesdeRijke)
◆管理者 群馬県
◆認定理由 明治期にデ・レーケの指導を受けた技術
      者によって造られた砂防堰堤群。自然石
      を用いたアーチ形状と、天端の縄たるみ
      形状が 美しい。

1号堰堤

2号堰堤

3号堰堤

4号堰堤
【特徴】
 八幡川に施工された巨石積堰堤は、現存する施設としては全国的に極めて貴重なものであり、今でも土砂の流出、山腹崩壊の防止に役立っている。現地には、4基の堰堤と複数の床固工、石積が残っている。

所在地

ページの先頭へ移動