公益財団法人群馬県建築技術センター
公益財団法人群馬県建築技術センター
ホーム > ぐんまの土木遺産 > わたらせ渓谷鐵道関連施設群 (わたらせけいこくてつどうかんれんしせつぐん)

わたらせ渓谷鐵道関連施設群 (わたらせけいこくてつどうかんれんしせつぐん)

◆所在地 群馬県(みどり市,桐生市)及び栃木県(日光市)
◆年 代 大正元~昭和5年(1912~1930)
◆形式等 ①第二渡良瀬川橋梁
       トラス2連桁+プレートガーダー1連の鋼製橋梁
       橋長104.85m
     ②第一松木川橋梁
       鋼製3連桁橋 橋長56.45m
     ③小黒川橋梁
       鋼製3連桁橋 橋長54m
     ④小中川橋梁
       鋼製2連桁橋 橋長40m
     ⑤手振山架樋
       延長14.3mのコンクリート製の樋を古レールを利用した支柱(鉄骨構造)で支えている。
     ⑥第一神梅トンネル
       隧道 延長166m
     ⑦第二神梅トンネル
       隧道 延長27m
     ⑧笠松トンネル
       延長362m
     ⑨(旧)琴平トンネル
       延長59m
     ⑩足尾駅本屋
       桁行20m 梁間6.4m 木造平屋建
     ⑪大間々駅本屋
       木造平屋建
     ⑫上神梅駅本屋
       桁行7間 木造平屋建
     ⑬神戸駅本屋
       桁行13m 梁間3.7m 木造平屋建
     ⑭旧スイッチバック遺構
       通過可能型スイッチバック式停車場 スイッチバック構造
◆管理者 わたらせ渓谷鐵道(株)
◆特記事項 わたらせ渓谷鐵道関連38施設が国の登録有形文化財
◆認定理由 近代日本の産銅輸送の根幹を担った足尾鉄道草創期の息吹と情趣を伝える施設群で、地域コ
      ミュニティの要として継承される土木遺産である。今回選奨遺産に推薦する施設は、開業当
      初からの施設で大きな改築が行われていない橋梁・トンネル等の土木構造物、および鉄道施
      設のうち利用者に最も馴染のある施設である駅舎併せて14施設である。これらの構成施設は、
      わが国の鉄道草創期の風情を今に伝える鉄道関連施設であり『2800選』および国登録として
      評価されている施設、また国登録以外の施設にあっては開業当初の雰囲気を伝えるとともに
      一定の評価ができる歴史遺産である。さらに、その存続・維持への取り組みをとおして、地
      域コミュニティーの形成と地域への愛着心の醸成におおきく関わる文化遺産でもある。

所在地

ページの先頭へ移動