公益財団法人群馬県建築技術センター
公益財団法人群馬県建築技術センター
ホーム > ぐんまの土木遺産 > 道路編 > 栗生隧道(くりゅうずいどう)

ぐんまの土木遺産

栗生隧道(くりゅうずいどう)

当時本県最大延長の素掘トンネル

◆所在地 利根部大字白沢村~利根村大字大原
◆路線名 林道 赤倉栗生線(旧国道120号)
◆年 代 大正9年(1920)
◆構造形式 素掘り一部コンクリート巻立て
◆主要諸元 延長 327.67m 幅員 3.75m
◆設計者 群馬県
◆施工者 萬屋組(現・萬屋建設(株))

▲位置図(1:50,000追貝)
ページの先頭へ移動