公益財団法人群馬県建築技術センター
公益財団法人群馬県建築技術センター
ホーム > ぐんまの土木遺産 > 河川編

ぐんまの土木遺産

河川編

  1. 八幡川砂防堰堤群
    場所:北群馬郡榛東村大字新井
    年代:明治14~18年
    構造形式:デレーケ式石積堰堤(オランダ人技術者Johannes de Rijke指導)
    主要諸元:堤高 5~10m 4基
  2. 岩神の石堤(利根川)
    場所:前橋市岩神町一丁目~大手町三丁目
    年代:明治30年代
    構造形式:野面・雑割石積石堤
    主要諸元:延長693m(4基の全長) 堤高1~4m天端幅員4~6m
  3. 井戸沢天井川式水路橋(井戸沢川)
    場所:高崎市根小屋町
    年代:昭和6年
    構造形式:鉄筋コンクリート板桁構造
    主要諸元:橋長11.5m 水路幅 2.0m
  4. 桑木砂防堰堤(入沢谷川)
    場所:多野郡万場町大字柏木
    年代:昭和15年
    構造形式:重力式石積堰堤
    主要諸元:堤長 45m 堤高 7m
  5. 土合砂防堰堤(湯桧曽川)
    場所:利根郡水上町大字湯桧曽
    年代:昭和15~16年
    構造形式:定半径アーチ式石積堰堤表面雑割練石積中埋玉石コンクリート
    主要諸元:堤長112m堤高11m 容積1,669.27m3
  6. 鑷沢砂防流路工(鑷沢)
    場所:北群馬郡小野上村大字村上
    年代:昭和17年
    構造形式:床固落差工(割石使用)
    主要諸元:延長 250m 床固13基
  7. 谷田川背水堤(谷田川)
    場所:邑楽郡板倉町大字海老瀬~明和村大字大輪
    年代:昭和21~39年
    構造形式:築堤方式
    主要諸元:延長15.78km
    備考:中小河川改修事業の初期
  8. 岩神鉄線蛇篭護岸(利根川)
    場所:前橋市岩神町三丁目
    年代:昭和23年
    構造形式:護岸工法面保護
    主要諸元:延長218m法長12m 篭直径0.9m 目巾0.2m6番線
  9. 県庁裏小型ケーソン基礎護岸(利根川)
    場所:前橋市大手町一丁目(県庁裏)及び岩神町三丁目(大渡橋下流)
    年代:昭和23~27年
    構造形式:小型ケーソン基礎護岸
    主要諸元:延長334m ケーソン15基 直径3.4~4.5m ケーソン高8~12m
  10. 岩神水制工(利根川)
    場所:前橋市岩神町一丁目~大手町三丁目(中央大橋上下流)
    年代:昭和24年
    構造形式:木工床水利ブロック
    主要諸元:一連 30mX15m(50格間)
  11. 大沢砂防堰堤(荒砥川)
    場所:勢多郡宮城村大字柏倉
    年代:昭和24~26年
    構造形式:重力式巨石積堰堤(中埋玉石コンクリート)
    主要諸元:堤長83m堤高9m 容積2,173.3m3
  12. 引分大関砂防堰堤(粕川)
    場所:勢多郡宮城村大字苗ヶ島 勢多郡粕川村大字室沢
    年代:昭和25~30年
    構造形式:重力式巨石積折線堰堤
    主要諸元:堤長205m 堤高13m 容積9,794m3
  13. 塗川砂防堰堤(塗川)
    場所:利根郡片品村大字幡谷
    年代:昭和26~28年
    構造形式:重力式巨石積堰堤(中埋玉石コンクリート〉
    主要諸元:堤長100m 堤高9m 容積3,304.07m3
  14. 嬬恋砂防堰堤(吾妻川)
    場所:吾妻郡嬬恋村大字大前
    年代:昭和26~29年
    構造形式:重力式石積堰堤
    主要諸元:堤長62m 堤高13m 容積5,624m3
  15. 榛名白川流路付替(榛名白川)
    場所:高崎市沖町
    年代:昭和27~34年
    構造形式:単断面
    主要諸元:延長 500m
    備考:天井川の解消
  16. 板井レール式杭出し水制工(利根川)
    場所:佐波郡玉村町大字板井
    年代:昭和28年
    構造形式:レール式杭出し水制工
    主要諸元:延長 200m
  17. 白狐沢泰寧寺砂防堰堤(白狐沢)
    場所:利根郡新治村大字須川
    年代:昭和29年
    構造形式:重力式コンクリート堰堤(中埋玉石コンクリート)鉄筋コンクリート床版橋
    主要諸元:堤長34m 堤高4.5m(堰堤) 橋長5.1m 幅員1.0m(橋)
  18. 前橋公園下レール式大聖牛(利根川)
    場所:前橋市大手町一丁目
    年代:昭和30年
    構造形式:レール式大聖牛
    主要諸元:5基
  19. 桃木川(複断面)(桃木川)
    場所:前橋市幸塚町~三保町
    年代:昭和32~39年
    構造形式:複断面
    主要諸元:延長1,350m
    備考:河道大幅な拡幅
  20. 中之条ダム(四万川)
    場所:吾妻郡中之条町大字四万
    年代:昭和33~35年
    構造形式:アーチ式コンクリートダム
    主要諸元:堤長118.2m 堤高42.0m 容積14,400m3
    備考:砂防と電気の共同施工
  21. 滝川放水路(滝川)
    場所:前橋市大友町二丁目~石倉町四丁目
    年代:昭和34~35年
    構造形式:暗渠ならびに開水路式放水路
    主要諸元:延長 355m (暗渠郡160m)
  22. 鏑木川瓦式ブロック護岸(鏑木川)
    場所:佐波郡赤堀町大字野
    年代:昭和35年
    構造形式:瓦式ブロック護岸
    主要諸元:法長 4.0m 延長 2km
  23. 吾妻川水質改善施設(湯川、大沢川、谷沢川) 
    場所:吾妻郡草津町大字草津
    年代:昭和36~39年
    構造形式:湿式微粉砕装置(タワーミル)
    主要諸元:タワーミル
    備考:工場ホッパー粉砕機

    場所:吾妻郡六合村大字入山
    年代:昭和36~39年
    構造形式:重力式コンクリートダム
    主要諸元:堤長106.0m 堤高43.5m 容積52,250m3
    備考:乳液貯槽予備電源ダム

ページの先頭へ移動