公益財団法人群馬県建築技術センター
公益財団法人群馬県建築技術センター
ホーム > ぐんまの土木遺産 > 橋梁編 > 大正橋(たいしょうばし)

ぐんまの土木遺産

大正橋(たいしょうばし)

架設当時径間が本県最長のワーレントラス橋

◆所在地 渋川市下郷~ 勢多郡北橘村大字八崎
◆路線名 国道353号
◆年 代 昭和4年(1929)
◆構造形式 鋼ワーレントラス橋 鉄筋コンクリートT桁橋
◆主要諸元 橋長 215.7m(トラス部分101.8m) 幅員 5.0m
◆設計者 不詳
◆施工者 鋼ワーレントラス 東京石川島造船所(現石川島播磨重工業(株))

▲位置図(1:25,000渋川)
ページの先頭へ移動